mdmのセキュリティ対策とデバイス管理mdmツールは、スマートフォン、タブレットなどのスマートデバイス端末を企業や教育機関で導入する時には欠かせません。セキュリティ対策からスマートデバイス管理まで幅広く対応してくれるmdmはスマートデバイスをビジネス活用する時になくてはならない存在になっているのです。 特にmdmは不正プログラムや不正サイトに対するセキュリティ対策において重要です。不正プログラム対策やウェブレピュテーションを利用した不正なサイトや管理者の指定したサイトをブロックすることでスマートデバイスを保護していきます。さらに管理者はコンソールから、端末がルート化されていないかなど、不正プログラムの検出ログやパターンの適用状況の把握、更新頻度などを設定することも可能です。 そしてもう1つ、mdmはデバイス機能も充実しています。 スマートデバイス端末に関して、管理者のポリシーに基づき、禁止アプリケーションのアンインストールを勧めたり、起動をブロックしたりします。

10月 27th 17

mdmツールは、スマートフォン、タブレットなどのスマートデバイス端末を企業や教育機関で導入する時には欠かせません。セキュリティ対策からスマートデバイス管理まで幅広く対応してくれるmdmはスマートデバイスをビジネス活用する時になくてはならない存在になっているのです。
特にmdmは不正プログラムや不正サイトに対するセキュリティ対策において重要です。不正プログラム対策やウェブレピュテーションを利用した不正なサイトや管理者の指定したサイトをブロックすることでスマートデバイスを保護していきます。さらに管理者はコンソールから、端末がルート化されていないかなど、不正プログラムの検出ログやパターンの適用状況の把握、更新頻度などを設定することも可能です。
そしてもう1つ、mdmはデバイス機能も充実しています。
スマートデバイス端末に関して、管理者のポリシーに基づき、禁止アプリケーションのアンインストールを勧めたり、起動をブロックしたりします。mdm情報

CommentsSubscribe To My Blog, or add it your Google Reader

マルチデバイスに対応可能なmdm

9月 20th 17

Mdmはスマートフォンやタブレットなどスマートデバイスを管理するツールとして、企業でスマートデバイスを導入する時には欠かせません。導入するスマートデバイスにはiOSやandroid、WindowsmobileなどいくつものモバイルOSの種類があります。そのバージョンごとにmdmで何ができるのか?に違いがでることを覚えておきましょう。特にandroidのスマートデバイスの場合、同じOSのバージョンでも製造ベンダーによって利用可能な機能が異なってきます。Mdm製品を導入する時には、導入端末がそのmdm製品の対象になっているのか?などをしっかりと確認する必要があるでしょう。
またmdm製品の中には、iOSやandroidなど同じプラットフォームでなくても、マルチデバイスに対応できる管理機能を持ったmdmもあります。企業によってはスマートフォンはandroidだけれど、タブレット端末はIOSを使っている…という企業もありますので、マルチデバイスに対応できるプラットフォームのmdm製品を導入しておいた方が安心でしょう。
iOSのMDMどうにゅうなら

CommentsSubscribe To My Blog, or add it your Google Reader

BYODではmdmが欠かせない

9月 09th 17

BYODなど企業でスマートフォンやタブレット端末などのモバイルデバイスを導入する場合、紛失や盗難などのリスクがあるということです。また不正にデータを持ち出すこともできません。これらのトラブルになりえる問題を解決する策となるのがmdmなのです。
Mdmはモバイルデバイスマネージメントと呼ばれるソリューションの1つであり、業務で使用するモバイルデバイスにエージェントソフトをインストールして企業によって一元管理を行うためのツールになります。企業が定めている一定のポリシーの元でモバイルデバイスが運用されているのかをしっかりと監視することができますし、何か問題がある場合には、強制することもできるのです。スマートデバイスを利用する上で起こる不安を払拭することができるでしょう。
Mdmは、モバイルデバイスを企業に導入する上で欠かせません。Mdmと一言で言っても様々なメーカーからツールシステムが登場しており、mdmによっても機能や使い方が異なります。
mdmに関してはこちら

CommentsSubscribe To My Blog, or add it your Google Reader

タブレットのポリシー設定が可能なmdm

8月 26th 17

学校などの教育機関でタブレット端末などのモバイルデバイスを導入するにあたり、mdmの利用は欠かせません。Mdmサービスの中には教育機関に特化した機能のついたmdmもあります。例えば子供たちの利用時間に合わせたポリシー設定が可能なmdm機能もあるのです。
タブレット端末などのモバイルデバイスを授業などで利用すると、子供たちの興味を引き付ける効果があります。しかしその反面、使い方を間違ってしまうと授業の集中力を妨げてしまう恐れもあるのです。授業中にタブレットを授業以外のことで使用できる状態にしてしまうと、タブレットを授業で導入することによって授業に集中できなくなってしまうこともあるでしょう。そこでmdm管理によって時間帯による異なるポリシーをタブレットに設定しておけば、授業中に私用で使えないように設定することもできるでしょう。例えば就業時間はブラウザなどを制限して、就業時間が終わったところでその制限を解除し、学習できる環境を提供することもできます。
mdmの教育現場活用例

CommentsSubscribe To My Blog, or add it your Google Reader

管理体制の強化

8月 16th 17

MDMがセキュリティー面における有効な盾である事はどのサービスの概要を見ても「長所」として挙げられる事からもセキュリティー対策としての必須ツールとして見る事も多い。実際の所、そういった紛失、盗難に対する「保険」のみを提供する安価なサービスも存在する。一方でMDMを提供する会社も数多く、様々な「強み」を武器に差別化を図ろうとしている。MDMから派生した様々な要素を内包する物も多く、同じ略称で混乱もするがマスターデータを管理するMDMとの連携、社内のWindowsPCとの連携を容易にするマルチOSなど様々だ。中でも比較的広く搭載されている機能の中に管理者の階層化と言うものも存在する。トップの管理者が全権限を持つのは当然として、その下に付く「管理者」に適切な権限を与え、小規模単位で「管理」させる事で負担を分担する事ができる。極端な話、日本中に支店のあるような企業でも、全ての端末を同一管理下に置いて一人で管理することも不可能ではないが、どう考えても効率は良く無い。各支店の「管理者」に委ね、大きな判断のみを上位の管理者が行う方が自然な流れというか、部長、課長といった役職の階層にも似る。

CommentsSubscribe To My Blog, or add it your Google Reader

ログの管理

8月 07th 17

MDMサービスの追加サービス的な要素として端末の「挙動」をログとして保存する機能を有する物がある。これはオフィスのPCなどにも同時に提供される事もあり、リスク管理と言えば聞こえはいいが、従業員の「監視」と言えなくもない。ようは「いつ、誰が、どこで、何をしたか」というスマホやPCへの操作状況を正確に記録、保存し把握する事が可能となる。あくまで「ログ」であり、管理者が常に目を光らせる必要はない。怪しい行動に対してシステムがアラートを出すので、情報漏洩リスクの早期発見にも繋がるが、むしろ「ログ」を取っている事を利用者全員に周知させる事である種の「抑止力」としての働きが期待できる。防犯カメラは隠し撮りするよりも、あえて目立つ場所に設置する事で犯罪の抑止に繋がるのと同じだ。一方でこの分野においては「ダミーカメラ」のような気休め程度の抑止力では困る。いざという時の備えとして、きちんと「本物」を正しく運用する必要もある。別の視点で見るなら「使用頻度」と「成績」を関連付けたデータを元に正しく指導を行うと言った活用法も考えられる。mdmの機能を見てみます

CommentsSubscribe To My Blog, or add it your Google Reader

mdm機能の様々な特徴とは?!

7月 29th 17

スマホやタブレットなどのスマートデバイス(モバイルデバイス)管理サービスであるmdmは様々な特徴があります。Mdm機能を利用すると膨大なスマートデバイスの端末管理における運用業務の負担を軽減することができます。また支店や部署など自由なグループ単位で階層管理が可能になっており、権限の委譲を行うこともでいます。
さらにCSVファイルのインポートやエクスポートでモバイルデバイスの端末やユーザーの一括登録、変更、削除が可能です。端末のプロファイル反映状況は管理画面からビジュアル確認が可能であり、ウイルススキャンや定義ファイル更新の実行状況を一元管理できます。
その他、mdm機能には多彩な機能が充実しています。ネットワークにつながっていない圏外の状態でも、ロックやワイプをすることができ、セキュリティ機能は万全です。またローカルキャッシュ機能によってネットワーク圏外でも認証ログインが可能で端末を複数人で共有したとしてもホームアプリの機能を使うことでユーザーごとに異なる環境を提供できるでしょう。
mdmの価格のと機能です。

CommentsSubscribe To My Blog, or add it your Google Reader

資産管理のためのmdm

7月 20th 17

Mdmサービスにはいくつかの機能がついていますが、今回はその中でも資産管理についてまとめてみましょう。
Mdmサービスの機能の中で、資産管理に関する機能としては資産管理とは端末情報や利用アプリの情報の取得があります。
電話番号、機種番号、端末のバージョンなどスマートでデバイスのハードウェア情報、インストールされていないソフトウェア情報を収集していきます。
また登録した資産情報と紐づけることで、パソコンやスマートデバイスの資産管理が可能になっているのです。
その他mdmサービスにはアプリケーション配布、アプリケーションポータルなどがあるでしょう。
アプリケーション配布では、androidやiPhoneなどの端末へ、任意のアプリケーションを配布できる機能であり、パソコンやモバイル管理サービスのクライアントのモジュールも配布することがでいます。またクライアントのバージョンアップにも対応可能です。

CommentsSubscribe To My Blog, or add it your Google Reader

mdmの管理機能はどのような物があるの?

7月 11th 17

Mdmはモバイルデバイスを管理する役割がありますが、その管理機能は非常に多岐に渡ります。ここではmdmの主な管理機能について紹介していきましょう。
まずは管理するモバイルデバイスから勝手にアプリをインストールしたり、削除させたりしないように管理することが可能です。特に教育現場で使用するモバイルデバイスは勝手に生徒がアプリをインストールしたり、アンインストールしたりすると非常にややこしいです。
またmdmではモバイルデバイスがちゃんとしようされているかを確認することも可能で、紛失した時にはリモートでデバイスをロックしたり、データ削除をおこなったりすることも可能です。
さらにモバイルデバイスが今どこにあるのか、位置情報を記録することも操作ログを取得することも可能です。
OSのアップロードに関しては制御することが可能で、リモートでアプリのインストールと削除をまとめて管理することもできるのです。
その他、モバイルデバイスを利用しているユーザーが自ら、mdmを利用して自分のモバイルデバイスを管理できるセルフ管理機能もついています。
mdm基本情報

CommentsSubscribe To My Blog, or add it your Google Reader

業務用スマホの導入リスク

7月 01st 17

スマホが多機能で高性能なのは今更説明の必要もなく、今後も性能の向上は止まらないだろう。一方でその爆発的な普及と、進化の速度が早すぎると言うのも様々な面での虚弱性も加速していると言える。もちろん各種セキュリティーソフトの開発も進んでいるが、扱う側の危機管理が追いついていないのが一番のネックとなる部分だ。爆発的な普及に加え、一気に大衆化したデバイスゆえに「軽く」見てしまう傾向も強い。「たかがスマホに」と、考えてしまうのも理解できるが、PC以上に厳重に管理されなければならないのがスマホである。個人使用の端末であっても勝手に買い物されてしまうリスクも存在するし、それが社用の端末であれば、ウイルス感染から個人情報の流出などは想定される最悪のシナリオである。社用の端末が独り歩きするような状況に置かれるのは非常に危険である。個人情報には「値」が付く事も多く、管理がザルだと内部からの流出という線も完全には捨てきれない。そんなリスクを管理する為にも業務用の端末はmdm管理下で適切に管理される必要がある。http://www.ascentnet.co.jp/mdmsolution/

CommentsSubscribe To My Blog, or add it your Google Reader